将棋後手番 4手目△4四角は本当にダメか

将棋後手△4四角戦法の研究です。

▲7六歩に▲2四歩の対応

▲2四歩の対応

今回の記事では▲7六歩△3二金に▲2四歩の対応を見ていきます。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223154620p:plain

図1 △4四角戦法基本図

図2から、▲2四歩△同歩▲同飛△8八角成▲同銀△2二銀(図2)

△4四角戦法で2筋歩交換されたときはすぐに歩を打たず銀を上がる手を推奨します。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210226133822p:plain

図2 ▲2四歩の対応

図2から先手の選択肢は

①▲2八飛

②▲4五角打

③▲4六歩

③▲3三銀、▲6八玉など駒組

尚、▲3四飛と横歩を取る手は△4五角打で話になりません。

順に見ていきます。

 

①▲2八飛

図2から▲2八飛△2七歩打▲4八飛△3三銀(図3)

△2七歩打で▲同飛であれば勿論△4五角打で先手優勢です。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210226145105p:plain

図3 ▲2八飛の進行①

図3より▲3八金△3一金▲2七金△2二飛▲2八飛(図4)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210226140031p:plain

図4 ▲2八飛の進行②

【図4から棒金】

図4から、

△6二玉▲7七銀△7二玉▲2六金△4四銀▲2五金△3三桂▲2四金△4五桂(図5)

先手が▲7七銀と上がらずに速攻棒金してきた場合は△6五角打~△7六角~△5四角で△2七歩打を狙えば先手金が負担になる。

先手の▲2六金を見たら△4四銀~△3三桂として備える。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210226140946p:plain

図5 ▲2八飛の進行③

▲2三歩打△3二飛▲4八銀△5七桂成▲同銀△2七歩打▲5八飛△2八角打(図6)

▲2三歩打に代えて▲2三金であれば△同飛▲同飛成5七桂成で先手優勢。

途中△2七歩打に▲同飛であれば勿論△4五角打がある。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210226141144p:plain

図6 ▲2八飛の進行④

図6は先手から速攻する手はなく、後手は桂香拾えて若干後手優勢となる。

【図4から駒組】

図4から、△6二玉▲6八玉(図7)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210226143638p:plain

図7 ▲2八飛の進行⑤

△7二玉▲9六歩△9四歩▲7七銀△4四銀▲2六歩打△8二玉▲7八玉△7二銀▲6八金△3三桂(図8)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210226144319p:plain

図8 ▲2八飛の進行⑥

図8のようになって一局の将棋。先手は一歩得しているが右金の位置が悪い。尚、一歩損していることが嫌ならば早々に△6五角打から一歩取ってしまうのもよい。

また、先手が3八金を見せずに6八玉から駒組した場合も△3一金~2二飛と回るのがよい。

【▲2八飛の対応まとめ】

・▲2八飛には△2七歩打。

・△3三銀まで上がって△3一金。

・△2二飛~△4四銀~△3三桂と駒組していく。

 

次は②▲4五角打の変化を見ていきます。

 

つづく。

▲7六歩に角交換の対応

▲7六歩の研究

図1から先手が▲7六歩以外であれば後手十分戦えることがわかりました。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223102552p:plain

図1 4手目△4四角戦法!?

図1から▲7六歩と角道を開けてきた場合の対応を研究します。

▲7六歩に△2二飛は無理筋

図1から、▲7六歩に対して△2二飛は▲4四角△同歩▲4三角打(参考図1)で先手に馬を作られて先手優勢です。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223153909p:plain

参考図1 ▲7六歩から2二飛(失敗)

▲7六歩には△3二金!

図1から▲7六歩に対する最善手は△3二金(図2)となります。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223154620p:plain

図2 ▲7六歩には△3二金!

図2から先手は以下3通りが考えられます。

①▲4四角成

②▲2四歩

③▲6八玉

 

①▲4四角成の変化

図2から、▲4四角成△同歩(図3)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223155136p:plain

図3 △3二金から角交換

図3から先手の選択肢は以下2通りです。

(1)駒組を進める。

(2)▲2四歩

 

(1)先手駒組を進めた場合

図3から、▲4八金△4二飛▲6八玉△2二銀▲7八銀△3三銀(図4)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223155920p:plain

図4 図3から角交換の進行①

図4までいけば乱戦になることはないでしょう。更に駒組を進めて

▲7九玉△7二金▲5八金△6二銀▲4八銀△6四歩▲6六歩△6三銀▲5六歩(図5)

 

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223160818p:plain

図5 図3から角交換の進行②

△7四歩▲5五歩△7三桂▲8八玉△4一飛▲6七金△8四歩▲5七銀(図6)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223161534p:plain

図6 図3から角交換の進行③

図6はこれからの将棋。後手は玉を右に囲って木村美濃に構えるも良し、左に囲って矢倉に入り、8筋を攻めるも良し。好きな方を選んでも十分互角に戦える構えになっています。

 

(2)図3から▲2四歩の変化

図3から、▲2四歩△同歩▲同飛△2二銀(図7)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223163751p:plain

図7 図3から▲2四歩①

図7から

1)▲3四飛△1二角打(参考図2)

2)▲6二玉△2三銀▲2八飛△2四歩(図8)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223164659p:plain

参考図2 図3▲2四歩から横歩取り

参考図2のように横歩を取る展開はなさそうです。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223164352p:plain

図8  図3から▲2四歩②

図8から後手は銀冠に組んで居飛車として戦うのが一般的でしょう。

振り飛車として戦うなら、図8より、

▲4八銀△3三桂▲5八金△4二飛▲7八玉△6二玉▲5六歩△3五歩▲5七銀△2五歩(図9)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223170320p:plain

図9 図3から▲2四歩③

▲4六銀△3四銀▲7七桂△7二玉▲8九玉△9四歩▲7八金△8二玉▲6八金△7二銀(図10)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223170429p:plain

図10  図3から▲2四歩④

図10は左銀、左桂をうまく攻めに回せて駒が活用できている局面です。まだ互角ですが後手も十分戦えるといえるでしょう。

 

今回のまとめ

以上より△4四角戦法に対し、先手が▲7六歩から角交換する局面を研究しました。

・▲7六歩に対しては△3二金と上がる。

・先手が駒組を進めてきた場合は△2二銀~△3三銀として2筋を受ける。

・先手が▲2四歩としてきたら△2二銀~△2三銀~△2四歩打と進める。

次回は図2から▲2四歩とする局面を研究します。

 

おわり

 

4手目△4四角戦法 成功例

4手目△4四角が成立する場合

最初に言いますと図1から先手の最善手は▲7六歩と角道を開けることです。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223102552p:plain

図1 4手目△4四角戦法!?

図1からの先手の選択

①▲7六歩(要研究!!)

②▲4八銀や▲6八玉で駒組(互角)

③▲2四歩(悪手!!)

 

このブログでは①の変化を研究していきます。

が、その前に②と③について軽く触れます。

 

②△4四角からの▲4八銀や▲6八玉から先手駒組

△2二飛と回って互角です。(図2)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223104913p:plain

図2 △4四角から先手駒組

図2では2筋を飛車が守っており先手から強襲できません。お互い駒組を進める形になります。

ここからお互い駒組を進めて一例としては図2-1のように進みます。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223105529p:plain

図2-1 駒組一例

図2-1では、さすがに先手角を使わなければ不利なので角道を開けて、

▲7六歩△8八角成▲同玉△5三銀▲7八銀△4二金(図2-2)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223105903p:plain

図2-2 図2-2より角交換

図2-1、2は一例ですが"先手がどのタイミングで角道を開けるか"というだけで極端に後手苦戦するような展開にはならないはずです。

 

③△4四角からの▲2四歩(悪手!!)

次に△4四角から先手2筋歩突きの変化を見ていきます。結論からいいますとこれは成立しません

図1から、▲2四歩△同歩▲同飛△3三桂(図3)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223111547p:plain

図3 △4四角から先手2筋歩突き

先手の選択は

(1)▲2一飛成

(2)▲2三飛成

(3)▲2三歩打

(4)▲3四飛

(5)▲7六歩

(6)それ以外

 

(1)▲2一飛成

図3より、▲2一飛成△2二飛▲同飛△同銀(図3-1)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223123946p:plain

図3-1 ▲2一飛成の進行

図3-1は後手のみ角、桂、銀を動かした形で後手やや優勢。

 

(2)▲2三飛成

図3より、▲2三飛成△2二飛(途中図)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223130143p:plain

途中図

 ▲2四歩△同飛▲同歩成△4五桂▲4八銀△3五角(図3-2)

尚、▲2四歩に代えて▲同飛△同銀であれば図3-1に合流。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223112817p:plain

図3-2 ▲2三飛成の進行①

図3-2から先手5七を守る必要がありますが、

▲6八玉or▲5八金or▲4六歩は△2八飛、

▲3六歩は△5七桂不成▲3五歩△4九桂成▲同玉△2八飛(図3-2')

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223113934p:plain

図3-2' ▲2三飛成の進行②

図3-2'では後手のみ龍を作れて桂香拾えるor先手のと金を払える、先手玉は不安定、と後手やや優勢の局面。

 

(3)▲2三歩打

図3より、▲2三歩打(途中図)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223130616p:plain

途中図

△4五桂▲4八銀△七5桂成▲同銀△3五角(図3-3)

 

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223124714p:plain

図3-3 ▲2三歩打の進行

図3-3は飛車銀両取り、かつ先手は2二歩成と攻め込めず後手やや優勢です。

 

(4)▲3四飛

図3より、▲3四飛△2二飛(図3-4)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223130757p:plain

図3-4 ▲3四飛の進行

図3-4から、先手は△2九飛成を防ぎます。

▲2四歩打or▲2八歩打は後手ゆっくりと玉を囲ってから攻めていけば十分です。図3-4では先手飛車が3六にしか行けず、角交換されれば△4五角打があるのですぐに▲7六歩と突けません。

図3-4では先手が飛車も角も使いづらい局面です。

 

(5)▲7六歩

図3より、▲7六歩(途中図)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223134715p:plain

途中図

△8八角成▲同銀△2二飛▲同飛△同銀(図3-5)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223134911p:plain

図3-5 ▲7六歩の進行

図3-5であれば前述のとおり後手のみ角、桂、銀を動かした形で後手やや優勢。

△2二飛に▲2三歩打であれば、△2一飛~△3二金から棒金を狙って後手優勢。

 

(6)それ以外

(1)~(5)以外の手、例えば▲6八玉であれば△2二飛で飛車をぶつけて後手のみ角、桂、銀を動かした形にもっていけばやはり後手良し。

 

まとめ

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223102552p:plain

図1 4手目△4四角戦法!?

以上より、図1からの先手の選択肢

①▲7六歩(要研究!!)

②▲4八銀や▲6八玉で駒組(互角)

③▲2四歩(悪手!!)

のうち、②③は後手が互角以上で戦えることがわかりました。

 

次からいよいよ①▲7六歩として先手が角道を開ける場合を研究していきます。もし①でも後手互角に戦えれば4手目△4四角戦法が有力だといえるでしょう。

 

おわり

将棋 4手目△4四角は成立するのか

相手が角道を開けない居飛車が嫌だ

後手番で相手が居飛車、角道を開けずにまっすぐ飛車先を突いてくる相手が嫌です。

この手に対して、振り飛車党は通常△3三角と上がるよりありません(図0)。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223102456p:plain

図0 4手目△3三角

当たり前の手、角を上がらされた感覚です。

相手の角を交換できない形だと振り飛車の戦法の幅がグッと狭まる感覚があります。

 

居飛車に角道を無理矢理開けさせたい・・・。相手が"アッ"と驚くような、"なんじゃそりゃ!?"となるような手を指したい・・・。

 

4手目△4四角戦法!?

そこで考えたのが4手目△4四角戦法です。△3三角に代わって△4四角と上がります(図1)。

 

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223102552p:plain

図1 4手目△4四角戦法!?

しかしこんな戦法はありません。こんな指し方をする人はいません。果たしてこれが成立するのか研究していきます。

 

おわり