将棋後手番 4手目△4四角は本当にダメか

将棋後手△4四角戦法の研究です。

▲7六歩に角交換の対応

▲7六歩の研究

図1から先手が▲7六歩以外であれば後手十分戦えることがわかりました。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223102552p:plain

図1 4手目△4四角戦法!?

図1から▲7六歩と角道を開けてきた場合の対応を研究します。

▲7六歩に△2二飛は無理筋

図1から、▲7六歩に対して△2二飛は▲4四角△同歩▲4三角打(参考図1)で先手に馬を作られて先手優勢です。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223153909p:plain

参考図1 ▲7六歩から2二飛(失敗)

▲7六歩には△3二金!

図1から▲7六歩に対する最善手は△3二金(図2)となります。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223154620p:plain

図2 ▲7六歩には△3二金!

図2から先手は以下3通りが考えられます。

①▲4四角成

②▲2四歩

③▲6八玉

 

①▲4四角成の変化

図2から、▲4四角成△同歩(図3)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223155136p:plain

図3 △3二金から角交換

図3から先手の選択肢は以下2通りです。

(1)駒組を進める。

(2)▲2四歩

 

(1)先手駒組を進めた場合

図3から、▲4八金△4二飛▲6八玉△2二銀▲7八銀△3三銀(図4)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223155920p:plain

図4 図3から角交換の進行①

図4までいけば乱戦になることはないでしょう。更に駒組を進めて

▲7九玉△7二金▲5八金△6二銀▲4八銀△6四歩▲6六歩△6三銀▲5六歩(図5)

 

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223160818p:plain

図5 図3から角交換の進行②

△7四歩▲5五歩△7三桂▲8八玉△4一飛▲6七金△8四歩▲5七銀(図6)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223161534p:plain

図6 図3から角交換の進行③

図6はこれからの将棋。後手は玉を右に囲って木村美濃に構えるも良し、左に囲って矢倉に入り、8筋を攻めるも良し。好きな方を選んでも十分互角に戦える構えになっています。

 

(2)図3から▲2四歩の変化

図3から、▲2四歩△同歩▲同飛△2二銀(図7)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223163751p:plain

図7 図3から▲2四歩①

図7から

1)▲3四飛△1二角打(参考図2)

2)▲6二玉△2三銀▲2八飛△2四歩(図8)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223164659p:plain

参考図2 図3▲2四歩から横歩取り

参考図2のように横歩を取る展開はなさそうです。

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223164352p:plain

図8  図3から▲2四歩②

図8から後手は銀冠に組んで居飛車として戦うのが一般的でしょう。

振り飛車として戦うなら、図8より、

▲4八銀△3三桂▲5八金△4二飛▲7八玉△6二玉▲5六歩△3五歩▲5七銀△2五歩(図9)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223170320p:plain

図9 図3から▲2四歩③

▲4六銀△3四銀▲7七桂△7二玉▲8九玉△9四歩▲7八金△8二玉▲6八金△7二銀(図10)

f:id:TOFUtoLEFTBALL:20210223170429p:plain

図10  図3から▲2四歩④

図10は左銀、左桂をうまく攻めに回せて駒が活用できている局面です。まだ互角ですが後手も十分戦えるといえるでしょう。

 

今回のまとめ

以上より△4四角戦法に対し、先手が▲7六歩から角交換する局面を研究しました。

・▲7六歩に対しては△3二金と上がる。

・先手が駒組を進めてきた場合は△2二銀~△3三銀として2筋を受ける。

・先手が▲2四歩としてきたら△2二銀~△2三銀~△2四歩打と進める。

次回は図2から▲2四歩とする局面を研究します。

 

おわり